和風の庭でバラを育てています。開花記録を載せていくつもりです。 どうぞよろしく~。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
バラの開花その15
2010-05-13 Thu 22:56
庭で1番好きなところは、ちょっと高くなったところに植わっているマサコ、スイートジュリエット、ヘリテージ、トロイラス、セプタードアイルの高作りのイングリッシュローズたちとアイスバーグのコーナーです。
きょうヘリテージとトロイラスが咲き始めて、まだ咲いてないのはセプタードアイルだけになりました。
そうなると、うれしい半面何だか寂しくなるような。(^-^;
あとはできるだけゆっくりと咲き進んでほしいです。

ヘリテージ
かわいいお顔にいい香り~。
heritage149.jpg

トロイラス
大きなお花です。
花びらの内側に向かってほんのりピンクがのっています。
toroirasu029.jpg

夢乙女
去年までフェンスには7種のバラが咲いていましたが、ブラッシュノアゼットがコガネムシの幼虫のせいで枯れてしまい、今年は6種になりました。
6番目に咲いたのはこの小さな小さなお花です。
yumeotome028.jpg

yumeotome029.jpg

ポールボキューズ
大きなお花です。
今年は元気いっぱい。
おいしそうなお花です。(^-^)
paulbocuse011.jpg

バレリーナ
ballerina024.jpg

マサコとアイスバーグ
masakoiceberg001.jpg

クレマチス 這沢
haizawa005.jpg
別窓 | バラの開花記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<バラの開花その16 | Lovely Rose Blog | バラの開花その14>>
この記事のコメント
漂う香り・・・さてその表現は?
 バラ初心者でしかも芳香に引かれたのが昨年からなので、未だに文字による伝え方が未熟です。
「アンドレ ル ノートル」とは、2年前にバラに目覚めた僕が初冬のホームセンターで凍えそうな最後の売れ残り大苗との出会いからです。
可哀相に思ってその名前を家で調べたら、グランディフローラタイプの強香種で数々の賞を取ったものであることがわかり、急遽買取に戻った記憶があります。
ダマスクの香りでしょうかね?甘い香りが庭全体に漂ってその香りをたどるとこのバラの前に立つことになります。
杏色のゆったりとしたクラシカルな咲き方は優雅ですが、花びらが傷みやすく、手に入れた頃の愛しさが持続していてキュンときます。
ここ雪国ではまだ蕾はあがってきませんが、親指ほどにも成長した昨年の茎は頼もしい限りです。
 まさこさん また、訪問いたしますね。
2010-05-13 Thu 23:32 | URL | ゆめなり #-[ 内容変更]
ゆめなりさん、こんばんは。
香りを言葉で表すのって難しいですね。
私もフルーツの香りとかティーの香りとか思ってクンクンしていますが適当です。(^m^)

アンドレ ル ノートルとは出会いがあったのですね。
お庭全体に香りが広がるなんて素敵です。
ホームページのほうにお写真が貼れる掲示板がありますので、咲いたらぜひお持ちくださいね。(^-^)
2010-05-14 Fri 23:01 | URL | まさこ #xEbBP1EA[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lovely Rose Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。