和風の庭でバラを育てています。開花記録を載せていくつもりです。 どうぞよろしく~。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
バラの開花その26
2010-05-30 Sun 22:37
ピンクグルースアーヘン
弱々しい苗ですがきれいなお花を咲かせてくれました。
pinkgrus008.jpg

シャリファアスマ
sharifaasma046.jpg

sharifaasma050.jpg

sharifaasma048.jpg

sharifaasma047.jpg

エブリン
evelyn063.jpg

ドクターハーバートグレイ
docter060.jpg

docter061.jpg

マサコ
masako104.jpg

masako103.jpg

セプタードアイル
scepterdisle104.jpg

オールドローズもまだ少し咲いています。
マダムピエールオジェ
oje045.jpg

ルイーズオディエ
odier047.jpg

足元ではこぼれ種のニゲラが~
確か白と青があったはずですが、生き残ったのは白だけでした。
nigera006.jpg

退色すると藤色に~
nigera008.jpg

ゲラニウムロザンネイも宿根して
geraniumurozannei005.jpg

nigera009.jpg
別窓 | バラの開花記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<バラの開花その27 | Lovely Rose Blog | 満開のイングリッシュローズたち♪>>
この記事のコメント
カバープランツの重要性
 単なるバラ畑に終わらないナチュラルガーデンを構成するかなめは、引き立て約の宿根草達ですよね?
園路の構成とバラ花期は無論、その前後の物語を演出する共演者の組み合わせは無限とも思えてきます。
欲張れば欲張るほどバランスを崩していくのは、何処かに人間のエゴが自然界の「黄金率」を歪めているからなのか?とも思えます。
 すーっと、まとまって見える植栽とは、案外その庭環境が一期一会で選んだけなげに生き延びていくこんな花達あっての事かもしれません。
それは、庭の哲学みたいなものが宿り始める瞬間とも思うことがあります。
2010-05-31 Mon 22:41 | URL | ゆめなり #-[ 内容変更]
ゆめなりさん、こんばんは。
ゆめなりさんのところは広いお庭で宿根草が伸び伸びと育っているのでしょうね~。
うちも最近はとんとお花を買わなくなりました。
もう植えるところがないのが実情ですが。
このコーナーはフウロソウ、ニゲラ、蚊れん草(ローズゼラニウム)と続いています。
ついこの前まではこれもこぼれ種のカモミールがにぎやかでした。
ニゲラにソニアリキエルが埋もれていたり、フウロソウにキャサリンモレイが埋もれていたりします。(^-^;
残ってほしいお花が育たなかったりなかなか思うようにはいきませんが、お花のほうが場所を選んでいるのかもしれませんね。
2010-06-01 Tue 22:34 | URL | まさこ #xEbBP1EA[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Lovely Rose Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。